管理者研修とは

社会に出て研修というのは多くの人が行ったことがあるでしょう。
この研修はとても大切な事であり、ゲームでいえばチュートリアルのようなものです。
これによって、会社や社会などのルールを学び、一人前になるための第一歩を踏み出すといえるでしょう。
この期間中では、多くのことを間違え怒られたりするかもしれません。
しかし、怒られることによって次第にやるべきことなどを理解していくといった点から見れば、ミスをして怒られるというのも十分な仕事といえるでしょう。
研修期間が終わったらすべてのことが自己責任であり、一人の社会人あるいは人間として見られます。
いつまでもミスして間違いを指摘してくれる人がいると思ったら大間違いです。

石油や野菜など価格が安定しないものを扱う企業などにとっては、価格の動きなどの事態にはとても敏感になっています。
そんな企業で働く新人にとっては、研修期間というのは多くの経験がえられるよい機会といえるでしょう。
頭の中の知識だけでは、急な価格の変動などに対する柔軟な対応ができないといったことが多々あり、そんなときに役立つのは経験です。
先輩の下につき現場で生の経験を積むことによって、自身のレベルアップになり、数年後に自分が教える側にまわるというような循環でこの社会はまわっています。
そう考えると、研修期間中にミスをして怒られていたことは、決して無駄な事ではなかったと思えることがあるのではないでしょうか。